スマカメ CS-QR20(画質調整編)


応用編で説明したとおり、このカメラのIPアドレスにブラウザでアクセスすると詳細な設定画面が表示されます。

その中で今回は、画質調整を行ってみます。と言っても、色合いの調整程度の簡易的なものになります。

 

設定画面の左側メニューの一番下、カメラ調整をクリックするとカメラ調整画面になります。

*ブラウザによって、この画面の使い勝手が変わります。

Window環境ではInternetExproler、Chrome。MacではChromeだけ。それぞれ正常に設定が可能でした。

Mac環境でのSafariでは現在値が正しく表示されないようです。

それ以外の組み合わせでは確認していません。

時刻表示設定

画質とは関係ありませんが、スマホやPCでカメラ画像を表示している時、左上に表示される時計表示のOn/Offが設定可能です。

色温度設定

初期状態では自動になっていますが、オートのチェックを外せば手動設定が可能です。

ゲイン設定

初期状態は0に設定されています。ここの数値を大きくすると暗い場所での感度が上がり、明るく映るようになります。ただし、その分ノイズも発生するのでざらついた感じの画像にはなってしまいます。

コントラスト調整

明暗部をどの程度はっきりさせるかといった調整になります。

露光時間設定

いわゆるシャッタースピードの設定かと思われます。ここもゲイン同様画像の明るさを調整する機能になります。オートのチェックを外せば手動で設定が可能です。

 

以上の項目が設定可能です。いずれもスマホからは設定できない項目なので、いろいろ試してみるのも良いかと思います。設定によっては、真っ白になったり真っ黒になったりしますが、初期値に戻すをクリックし、その後設定をクリックすると購入時の画質に戻ります。色温度やコントラストはあまり調整する意味は感じられませんが、ゲイン露光時間の設定は暗い場所での撮影などには有効かもしれません。