Viewla IPC-16FHD(発売前)

現在5台のViewla IPC-16wを運用している顧客から2台カメラを追加したいという要望があった。

私はSolid社と販売契約を結んでいるわけではないので、一般の販路、つまりamazonや楽天などで同製品を物色していた。ところがどこもかしこも品切れ状態で、入手困難な状況である。

今年のセキュリティショーでメーカー(Solid社)の方から、もうすぐ広画角になった新製品が発売されるとは聞いていたが、ようやく実現するようだ。

これを書いている9月中旬の時点で仕様は明らかになっているようである。

 

  • フルHD(型番のFHDはここから来ているのであろう)1920×1080 30FPS
  • 視野角が66度から120度へ拡大
  • IP66屋外対応
  • 赤外線LEDによる暗視機能
  • 本体に挿入したSDに録画可能(対応可能な容量がIPC-16wの32GBから64GBへと増加)
  • NAS対応
  • WIFIは対応なし
  • 最大同時接続数はIPC-16wの20から8へと削減(大規模運用の需要がないから?)

赤字がIPC-16wからの変更点である。

 

画サイズがフルHDとなったのは、時代の流れということでしょうか。視野角が広がるのは非常にありがたい。

WIFIが未対応となったのは頷ける。屋外設置だとルーターとの間で壁を複数枚隔てることもよくあるので、結局有線を使いたくなる。

最大同時接続数が減らされた経緯は謎だが、使用者アンケートでも実施して、大人数でアクセスすることはあまりないとの結果が出たとかなのか? 確かに大企業で運用されるのでもなければ10人を超える同時アクセスは考えづらいので、この仕様変更はありかもしれない。

外形寸などはIPC-16wとほぼ変わらないようである。また電源も同梱の分配器を使用するもので、消費電力もIPC-16w同様12V/1Aのままである。

クライアントアプリは既存のものがそのまま全て使われるようである。

要するに現在IPC-16wを運用している環境でカメラだけ入れ替えればそのままほぼ何もせず運用が続けられそうである。

発売が待ち遠しい。